フリーランスの筋トレ

  • フリーランスは営業力によって収入が決まる

    • 会社の意向に沿って動くサラリーマンにとっては、自由に仕事ができるフリーランスが羨ましくなる時もあります。

      しかし、フリーランスは仕事を受注できなければ無収入だから、ひたすらに新規開拓や、既存の取引先との待遇アップの交渉を続けていくのが日常です。

      技術力だけではやっていけないのが無所属の現実であって、自分なりに工夫して営業活動を行わなければいけません。
      独占業務がある士業の世界でも同じことで、自分で取引先を開拓して、それを維持できない人間では、難関資格を持っている方でも生活できない事例が多々あります。



      士業については、先輩の事務所で下積みをしてノウハウや人脈を築いていくのがセオリーであり、フリーランスについてもある程度は同じ方法です。
      ただし、フリーランスの方では、必要ならば飛び込み営業をどんどん行っていくぐらいのたくましさも求められます。いきなり独立開業をする方は少数派で、ひとまずサラリーマンとして働いてから、準備を整えた上で円満退職をするのが一般的な流れです。



      個人的に営業ができない場合は、その業界の求人を扱っている人材紹介会社に登録して、自分の希望する条件で仕事ができる取引先を紹介してもらう方法もあります。
      イラストレーターのように請負契約で仕事をしている業界では、フリーランスであっても自分のデスクを用意してもらって、契約期間中はそこで統括している人間の指示に従って働きます。



      とはいえ、基本的にはレンタルオフィスなどで自分の事業拠点を用意した上で、営業によって仕事を獲得しているのが大部分です。