フリーランスの筋トレ

  • フリーランスは基本的に名乗った瞬間からなれる

    • フリーランスは、特定の分野で優れたスキルがある方が多く、企業や個人から仕事を請け負うことで生活しています。



      法律によって独占業務と定義されている仕事では、指定されている資格がないと行えませんが、基本的に名乗った瞬間からなれるのが特徴です。

      世間一般では、会社などの組織に所属していないことがフリーランスの定義になっているものの、業界的に正規スタッフでも請負契約によって雇っている場合もあります。

      正社員として働いているサラリーマンが、プライベートの時間に個人として別の仕事を請け負っているケースでは、フリーランスではなく副業として扱われる事例が多く見られます。

      自分で請け負っている仕事だけで生活が成り立っていることがフリーランスの基本的な条件であり、より良い条件の仕事を呼び込むべく、自分の顔と名前をWEBサイトなどで公開している方が大勢いるのが現状です。



      税務的には個人事業主として扱われており、節税のために会社形態にしている場合は1人会社であっても社長になります。



      どこにも所属していないフリーランスは全て自己責任であるため、信頼できる相手とだけ取引をするといった対策をするのが鉄則です。


      会社に所属しているサラリーマンは、勤め先の信用によって仕事をできますし、何かあっても上司を通して組織的に対応してもらえますが、無所属ではどんな小さなトラブルであっても自分で解決するしかありません。自由であるけれども、その代わりにリスクは自分持ちだから、優秀な人間であるほどに青天井で稼げる形になります。